アオウル株式会社

納品書の書き方

納品書は、商品やサービスの受け渡しの際に、明細を記載して発行する書類のことです。下記の5つの項目を記載しましょう。

1.書類作成者の氏名又は名称
2.取引年月日
3.取引内容
4.取引金額(税込み)
5.書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

販売管理ASSISTのお問い合わせはコチラ

チャットボットでのお問い合わせは24時間365日受付中!

価格をチェック!

プレミアムプランは月額2,750円(税込)からご利用いただけます。

基本的な記載事項

納品書

①納品先の住所::郵便番号と住所を書きます。

②納品書の発行日:出荷日を基準にしている場合、納品書には「出荷日」を記載して配送での納品は到着日の日付を記入しましょう。

③納品番号:必須ではありませんが、番号を付けることで管理が効率化されます。

④納品先の宛先:会社名を書きます。担当者の部署、名前まで書かれているお客様もあります。「株式会社」の部分を「(株)」のように略さず記載しましょう。「御中」、「様」なども間違えないようにします。

⑤会社の情報:社内で承認を得て作られた見積書である証明になりますので商習慣上押印することが多いですが必須ではありません。

⑥商品コード:必須ではありませんが、番号を付けることで管理が効率化されます。

⑦商品名:納品する商品等の名称を記入します。見積書を発行している場合は、同じ内容を記載するとトラブルが防げます。

⑧商品の数量:提供する商品一個あたりの数量を記載します。

⑨単位:提供する商品一個あたりの単位を記載します。

⑩単価:提供する商品一個あたりの金額を記載します。

⑪金額:供する商品一個あたりの金額を記載します。金額は単価×個数で算出される金額となります。

⑫備考:補足説明が必要な内容や条件などを記載します。

まとめ

これら以外にもお客様との取引を円滑に進めるため、記入したほうが良い項目備考等に記入していきましょう。


納品書の基礎知識

納品書の役割

納品書とは、商品やサービスである納品物を納品するさきに、納品物とともに取引先に

詳細を見る

納品書の送り方

納品書の送り方は右下の3つの方法があります。
●郵送する●FAXで送る●PDFをメールで送る

詳細を見る

納品書の書き方

納品書は、商品やサービスの受け渡しの際に、明細を記載して発行する書類のことです。

詳細を見る

ICT相談窓口

右下のチャットよりお気軽にお問い合わせください。平日9:00~17:00(祝日、年末年始を除きます)

Copyright©AOULU
ページトップへ戻る