アオウル株式会社

第7期のごあいさつ

熱き心

限りにない情熱を事業に注ぎ込む。この6年間、お客様のITに関するお困りごとに情熱をもって対応してきました。また、私たちの情熱でできあがった製品に自信をもつこと自らがファンになることも大切だと考えてきました。これまでの実績をみれば、評価を頂けていると信じています。しかし、私は第7期に向けてこれまでの評価や実績を否定します。お客様やパートナー様の本当の声をきけているか。これまでの製品やサポートに課題はないか。

今、思い込んでしまっている状況を「再考」しなければいけない。もう1度、お客様の立場になってシステムを開発し、つねに最良のサポートを良心的に供給しなければいけません。そして、全従業員と家族の幸せを守り、高めていかなければいけません。これらのことを達成するためにも大切にしている2つのことを今期も守っていいきます。1つ目は「言行一致」約束したことを必ず守ること。そして、リーダーは言ったことの実践者にならなければいけません。

2つ目は「首尾一貫」大切にしている信念がぶれない、変えない。人として誠実な部分をおろそかにしてはいけません。この約束事を大切にして、これまでの製品とサービスを見直していきます。「アオウル」というチームをどうぞたのしみにしててください。強い気持ちで挑戦して成功するための失敗をたくさんして楽しみや喜び、悔しさを共有できる環境をつくっていきます。


2019年5月15日

IANDS

▶︎2020年5月15日のごあいさつ
▶︎2019年5月15日のごあいさつ
▶︎2018年5月15日のごあいさつ
▶︎2017年5月15日のごあいさつ
▶︎2016年5月15日のごあいさつ

Copyright©AOULU
ページトップへ戻る