アオウル株式会社

注文書の書き方

注文書は、下記の5つの項目を記載しましょう。

1.書類作成者の氏名又は名称
2.取引年月日
3.取引内容
4.取引金額(税込み)
5.書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

ICTの悩みをChatで相談する

チャットでのお問い合わせは24時間365日受付中!

Chatで無料相談開始!

ICTツールの導入の悩みを素早く解消!

基本的な記載事項

注文書

①注文番号:必須ではありませんが、番号を付けることで管理が効率化されます。

②注文書の発行日:いつの取引か分かるように正確に年表記から記入しましょう。あとから確認するために欠かせない項目です。

③会社の情報:電話番号やメールアドレスなどは注文書を見ただけで取引先に連絡ができるため親切です。

④注文先の宛先:会社名を書きます。「株式会社」の部分を「(株)」に略さず記載しましょう。「御中」、「様」も間違えないようにします。

⑤受入期日:納品できる日付を記載しましょう。

⑥納品先の住所:納品場所が変わることはよくあります。認識の相違が生まれないように必ず記載するようにしましょう。

⑦支払条件:支払条件についてもきちんと明記しておきましょう。認識の違いによるトラブルを防ぐことができます。

⑧御注文金額:税込で記入しましょう。

⑨商品名:納品する商品等の名称を記入します。見積書を発行している場合は、同じ内容を記載するとトラブルが防げます。

⑩商品の数量:提供する商品一個あたりの数量を記載します。

⑪単位:提供する商品一個あたりの単位を記載します。

⑫単価:提供する商品一個あたりの金額を記載します。

⑬金額:供する商品一個あたりの金額を記載します。金額は単価×個数で算出される金額となります。

⑭備考:補足説明が必要な内容や条件などを記載します。

まとめ

これら以外にもお客様との取引を円滑に進めるため、記入したほうが良い項目備考等に記入していきましょう。


注文書

注文書(発注書の役割)

注文書(発注書)は注文者が発行する書類で、「注文・依頼しますよ」という意思表示を示す

詳細を見る

注文書(発注書)の送り方

注文書の送り方は右下の3つの方法があります。
●郵送する●FAXで送る●PDFをメールで送る

詳細を見る

注文書の書き方

注文書は、下記の5つの項目を記載しましょう。
●書類作成者の氏名又は名称●取引年月日

詳細を見る

ICT相談窓口

右下のチャットよりお気軽にお問い合わせください。平日9:00~17:00(祝日、年末年始を除きます)

Copyright©AOULU
ページトップへ戻る