アオウル株式会社

「Internet Explorer(IE)」のサポートが、2022年6月15日に終了

提供するマイクロソフトが5月19日、公式ブログで発表しました。後継のブラウザは、「Microsoft Edge」となります。社内システムにInternet Explorer(IE)を利用しているケースも多いため準備が必要です。お客様からは「サポート終了?知らいない」「どすればいいの?」など不安が広がっています。

しかし、今回のサポート終了には「Windows8.1「Windows 7 ESU」などの古いOSや「Windows 10 Server」では、引き続きIE11がサポートされるという例外もあり以下になります。

ICT化のお手伝いをさせていただきます!

チャットでのお問い合わせは24時間365日受付中!

Chatで無料相談開始!

ICTツールの導入の悩みを素早く解消!

・Microsoft Edge の Internet Explorer モード
・Internet Explorer プラットフォーム (MSHTML/Trident) ・Windows 8.1、Windows 7 ESU、Windows 10 Server SAC (全バージョン)
・Windows 10 IoT LTSC (全バージョン)、Windows 10 Server LTSC (全バージョン)
・Windows 10 クライアント LTSC (全バージョン)

このことで社内システムやサービスを「Internet Explorer(IE)」で利用していた企業はサポート終了までに対応を迫られます。そのこともあり既に「Internet Explorer(IE)」非対応のサイトが増えてきています。2022年の6月15日以降は「Internet Explorer(IE)」を利用するとMicrosoft Edgeにリダイレクトされということ。引き続き社内システムやサービスを「Internet Explorer(IE)」が必要な場合は、マイクロソフトが企業やユーザーに対し「Internet Explorer(IE)」向けに開発された Webアプリは、Microsoft Edge のIEモードで動作することをご確認下さい」と公式ブログで伝えていますので、サポート終了するまでに検証を始めましょう。IEモードは少なくとも2029年まではサポートするとしている。

EdgeでIEモードを設定変更で有効にする方法は、下記から確認することができます。
2021年6月4日 「EdgeでIEモードを設定変更で有効にする方法」

ICT相談窓口

右下のチャットよりお気軽にお問い合わせください。平日9:00~17:00(祝日、年末年始を除きます)

Copyright©AOULU
ページトップへ戻る