アオウル株式会社

見積書の保存期間

見積書の保存についてご説明致します。見積したという事実を残す重要なデータですから保存することは本当に重要です。法人の場合は書類の保管期間は7年です。正確には「法人税申告期限の日(原則として決算日から2か月後)」から7年間ですので注意しましょう。しかし、重要な書類ですのでデータにして事業を続けている間は保存していく管理を心がけましょう。


ICTの悩みをChatで相談する

チャットでのお問い合わせは24時間365日受付中!

Chatで無料相談開始!

ICTツールの導入の悩みを素早く解消!

見積書の基礎知識

見積書の役割

項目、金額、納期、支払い条件などの内容を細かく正確に記載する。

詳細を見る

見積書の書き方

見積書は、業種によって書き方が異なります。また、企業によって書き方は異なります。

詳細を見る

見積書の印鑑は必要?

様式や印鑑の有無はその効力に影響はありません。見積書は会社で発行された正式な書類です。

詳細を見る

見積書を送付する方法

見積書の送り方は右下の3つの方法があります。
●郵送する●FAXで送る●PDFをメールで送る

詳細を見る

見積書の保存期間

見積書の保存についてご説明致します。見積したという事実を残す重要なデータです。

詳細を見る

見積書の整理方法

整理に時間をかけないようにするためにも、以下のような方法がおすすめです。

詳細を見る

消費税の端数の処理方法は?

当社は消費税を計算したときに出る小数点以下の端数は、どのように処理していますか?

詳細を見る

出精値引

当社は消費税を計算したときに出る小数点以下の端数は、どのように処理していますか?

詳細を見る

ICT相談窓口

右下のチャットよりお気軽にお問い合わせください。平日9:00~17:00(祝日、年末年始を除きます)

Copyright©AOULU
ページトップへ戻る